年金収入だけではまったく生活できない?老後破綻のリスクに指摘

年金だけではまったく足りない! 人生100年時代のゾッとする真実 政府はウソをついている 現代ビジネス ■1億5000万円必要 現在60代から70代の人たちは、現役時代に右肩上がりの経済成長を享受してきた世代だ。 しかし、100年生きることが珍しくもない超高齢化社会の到来で、経済の状況はガラリと変化することは確実。右肩下がりの時代に向けて意識を転換しなければ大変なことになる。 事実、すでに政府は年金支給額のカットや高齢者の医療費負担増といった施策を打ち始めている。 仮に100歳まで生きたとしたら、どれくらいのカネが必要なのか、試算してみる。ファイナンシャル・プランナーの深野康彦氏が解説する。 「総務省の家計調査報告を基に計算してみましょう。 60~69歳の生活費は夫婦二人で年間約330万円(10年で3300万円)。70~74歳は年間約300万円(5年で1500万円)。そして、75歳以降は平均272万円かかるので、100歳まで26年間生きた場合、7072万円(総計で1億1872万円)になります。 こうした日常の生活費以外にも自宅のリフォーム代、医療・介護費、趣味や旅行に使うお金もあるので、2000万~3000万円くらいはかかると考えておいたほうがいい」 合計すると、100歳まで安心して生きるためには約1億4000万~1億5000万円という途方もない額のカネが必要になるわけだ。 収入のほうはどうか? 「平均的なサラリーマン世帯の年金収入は月額22万円、年間で264万円です。65歳から受給した場合、100歳までの年金収入は約9500万円。必要な額からおよそ5000万円が不足する計算に

老健リスト<神奈川県>2月第2週

介護老人保健施設<神奈川県>の、リストを更新いたしました 下記より、ご確認ください 宜しくお願い致します <お願い> 老健さまに、直接、お伺いする場合に、「ライフアシストで情報を聞いた」とお伝えください 神奈川県 介護老人保健施設 こちらから、2月第2週 老健リスト

老健リスト<東京都>2月第1週

介護老人保健施設<東京都>の、リストを更新いたしました 下記より、ご確認ください 宜しくお願い致します <お願い> 老健の相談員の方に、直接、お伺いする場合には「ライフアシストで情報を聞いた」とお伝えください 東京都 介護老人保健施設 こちらから、2月第1週 老健リスト