~介護費用を抑えられる「世帯分離」とは~

HOME>介護施設をお探しなら【ライフアシスト】>~介護費用を抑えられる「世帯分離」とは~

介護費用の節約につながる「世帯分離」

要介護者が適切な介護を受けることができる老人ホームは、当然ながら無料ではありません。そのため、多かれ少なかれ経済的に負担がかかります。負担を軽減して介護サービスを利用したいとお考えでしたら、「世帯分離」について押さえておくことがポイントです。世帯分離とは、同一の住所に住んでいる一つの家族(世帯)を二世帯にすることです。介護サービスや市町村のサービスは、その世帯の収入に応じて負担金額が異なります。そのため、要介護者と年収が高い家族を分離して世帯を二つにすれば介護サービス費の基準が下がり、介護費用の負担を軽減することができるというわけです。

また、後期高齢者医療保険料や国民健康保険の負担額が軽減するケースもあります。ただし、要介護者がいるすべての世帯にメリットがあるというわけではありません。要介護者の年収がもともと高い、あるいは要介護者が二人以上いる世帯は、世帯分離をすると分離前と比べて介護費用が軽減されなかったり、逆に高くなったりする可能性もあります。また、夫婦の世帯分離に関しては手続きが難しく、自治体によっては認めていないこともあります。世帯分離をお考えでしたら、メリット・デメリットを把握した上で決めることが大切です。