TDKとトーカイ、医療・介護向け遠隔モニタリング

 TDKは、医療・介護向けバイタル情報の24時間遠隔モニタリングシステムの実用化に関する業務提携をトーカイと開始することを2017年10月2日に発表した。同社は、病院・介護施設関連事業および福祉用具レンタル事業を手掛けている。

 

リストバンド型ウエアラブル端末「SilmeeW20」

 

 TDKはトーカイが取り組んでいる医療・介護向けバイタル情報の24時間遠隔モニタリングシステムに対して、リストバンド型ウエアラブル端末(製品名:SilmeeW20)ならびに通信機器(製品名:SilmeeL10)で使われるセンサーデバイスを提供する。さらに、医療関係者向けデータ収集・分析用のアプリケーションソフトウエアの開発に協力することで、同システムの早期実用化を目指す。

 

 同システムはTDKのセンサーデバイスと高齢者に考慮したベルトを組み合わせたウエアラブル端末および通信機器で構成。装着者の24時間遠隔モニタリングが可能となるほか、容態変化の自動アラート機能も活用することで、装着者のバイタル情報の共有だけでなく、緊急時の早期発見と対処・重症化予防に生かせる。これにより、装着者への医療サービスの向上、見守り機能の強化、医療・介護関係者や家族の負担軽減の実現、さらなる地域包括ケアシステムの推進を支援できるとしている。

 

 なお、「Silmee」のブランド名で展開してきたウエアラブル端末事業と、それに付随するヘルスケアサービス事業は元々、東芝が手掛けていたが、2016年に同社がTDKに譲渡している。

 

日経テクノロジーオンライン 2017年10月2日掲載

 

TDK リストバンド型ウエアラブル端末「SilmeeW20」

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

⽼⼈ホーム紹介事業で、株式会社早稲⽥エルダリーヘルス事業団と提携

November 16, 2018

1/2
Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索