安心して利用できる東京の介護施設をお探しの方へ

~介護施設の種類とは~

HOME>介護施設をお探しなら【ライフアシスト】>~介護施設の種類について~

介護施設の種類について

介護施設は主に民間施設と公的施設に分けられます。

介護付き有料老人ホーム(民間施設)

要介護度1~5の方を入居対象にした介護専用型、認知症患者の方の受け入れも可能な混合型があります。介護スタッフが24時間駐在しているので、常にケアが必要な方も安心して利用できます。

住宅型有料老人ホーム(民間施設)

入居者の生活支援や健康管理を主なサービスとしています。介護スタッフが駐在していないため、介護は外部に依頼をする形になりますが、施設自体の緊急時の対応は万全です。

サービス付き高齢者向け住宅(民間施設)

自立している高齢者の方、軽度の要介護の方が入居対象の施設です。介護サービスの有無は場所によって異なりますが、通院時の送迎や日常生活のサポートを受けることができます。

特別養護老人ホーム(公的施設)

要介護3以上の高齢者が入居できる施設です。要介護度が1~2の方は、入居時に自治体からの許可が必須となります。リーズナブルな費用で、本格的な介護サービスと日常生活のサポートが受けられることから、非常に人気が高く、すぐに入居できない可能性もあるため、待機者の状況などを早めに調べておくことをおすすめします。

介護老人保健施設(公的施設)

リハビリ指導や医療サービスが中心の施設で、認知症・特定疾病を患っている方も入居できます。ただし、長期的な利用を前提としている施設ではないため、数ヶ月入居してケアを受けるのが一般的です。

ケアハウス(公的施設)

要介護度3くらいまでの高齢者を対象にしている施設で、主に家族との同居が難しい方や身寄りがない方など、生活に不安のある方に利用されています。月額費用は所得に応じて異なり、低料金で利用できることから待機者も多いため、入居を希望される方は早めに情報収集を行っておいたほうがいいでしょう。

いずれの施設も【ライフアシスト】で簡単に検索することができます。介護施設の種類や入居対象とする介護度、空室状況などの条件を指定して、希望に近い施設をぜひ見つけてください。