~老人ホームの入居時は身元引受人が必要?~

HOME>介護施設をお探しなら【ライフアシスト】>~老人ホームの入居時は身元引受人が必要?~

老人ホームの入居に絶対必要?身元引受人について

老人ホームへ入居の際は一般的に、身元引受人が求められます。身元引受人は、各種手続きを行う際に必要であったり、連帯保証人の役割を担ったりする重要な存在です。入居中に病状が悪化して入院が決まれば手続きを代わりに行い、入居者が老人ホームの利用料金を滞納している場合は連帯保証人として対応します。そのため、基本的には責任能力がある入居者の家族・親族を身元引受人にします。しかし、少子高齢化を迎え、子どもや親族がいない高齢者も増えてきました。

また、家族がいても身元引受人を依頼するのが難しいケースもあるでしょう。その場合は、身元引受人を不要としている老人ホームまたは介護施設を利用するか、成年後見制度あるいは身元保証サービスを利用する方法があります。

実際、後者の制度やサービスを利用して入居できる老人ホームは多数存在します。したがって、身元引受人を立てなければ老人ホームを利用できないということではありませんので、ぜひいずれかの方法をご検討ください。